円安のメリット・デメリット

円安のメリットとデメリットを徹底解説!実は円安は90%がデメリットだらけ。

スポンサードリンク




円安のメリットとデメリットを徹底解説!実は円安は90%がデメリットだらけ。

円安のメリットとデメリット

 

円安になった時のメリットとデメリットを分かりやすくご説明します。まず、円安になった場合、メリットとデメリットは、どちらの方が多いのでしょうか?残念ながら、円安になると90%はデメリットで、メリットは残りの10%しかありません。

 

物価が上がるのに、給料は変わらないので、生活が厳しくなるからです。つまり、すべての世帯にとって家計という概念から考えると、円安はデメリットしかないということです。

 

だから90%がデメリットと言えるのです。

 

では、なぜ10%だけメリットがあるのでしょうか?それは、FXをやっている人は儲けを出すことができるという側面があるからです。

 

つまり、FXをやっている人からしたら円安にもメリットがあるということです。

 

 

 

 

円安のデメリットとは?

 

円安のデメリットは、オリーブオイルやガソリン、バターなど生活に絶対必要なものの価格が上がってしまうという点です。円安になれば、旦那さんのお小遣いも少なくせざるを得なくなるということです。

 

すべては海外からの輸入品の価格が上がるから、それが物価を上昇させているのです。日本で食物を生産することができる時代がやってこないと、円安のリスクを避けることはできないのでしょうね。

 

電気代やガス代も上がってしまうので、既に生活がギリギリの世帯は、円安になったことで、生活が破たんしてしまうかもしれません。日本企業は円安になると販売価格を上げるしかなくなります。

 

販売価格を上げないと利益が出ないので、会社が存続することができなくなるのです。しかし、販売価格を上げることで、商品が売れなくなってしまえば、元も子もないので、販売価格を上げるのも限界があります。

 

それでも利益が出せない場合は、最後の手段としてリストラするしかないのです。つまりは、円安になればなるほど失業する人が増えてしまうということです。

 

物価が上昇し生活が厳しくなるのにリストラされてしまったら、まさに踏んだり蹴ったり、泣きっ面に蜂ですよね。このような理由から、庶民にとって円安は敵と言えるのです。

 

円安をメリットだという人もいる?

 

みんなが円安を敵だと言っている中、円安はメリットだと言っている人がいます。それは、FXをやって投資をしている人です。

 

FXをやっている人からしたら、円安になればなるほど利益を出すことができるのです。円安時代が進む中、ある意味ですごく賢く資産を増やしていると言えますね?

 

でも、FXをやっている人を真似したら、必ず利益が出て、円安の物価上昇のデメリットを消すことができるのか?というと、決してそれは断言できません。なぜなら、絶対に円安になるとは言い切れないからです。

 

円安時代からといって、FXをやって、予想外に円高になり、投資した分のお金を失うこともあるので、FXにもそのようなリスクがあることを知った上で判断することが必要になります。

 

もしFXをやるなら、余剰金で無理なくやるのが良いでしょう。間違っても生活に必要なお金をFXに投資してはいけません。

スポンサードリンク