みんなの円安体験談

みんなの円安体験談

スポンサードリンク




みんなの円安体験談

わたしは現在FXをしております。今回はショックなことがおこりました

わたしは、FXを行っております。最近ですが、FXの円安が進行をしてしまい、自分は大赤字をかいてしまったのです。わたしはニュージランドの通貨を90円のときに購入をおこない、スワップ金利で利益をえていこうと思ったのですが、最近になって円高が進んでしまい、100万円ほどの赤字となってしまったのであります。ほんとうにショックでありました。2010年に大暴落をして、時間が経過するにつれて、円安が進行をして、回復してきたようにおもえたのですが、また暴落をしてしまい、本当にショックをかんじております。また回復をするのを願い、現在はそのままもって、待機をしております。円安といのうは通貨の市場でも予想をしており、何万人の人が予想していても外れることがおおいです。何をしんようしてよいのかわからない状況です。このままいけば自分はFXを中断して、これからは株の投資を行っていこうとおもっております。通貨の変動はそこまで関係はしていないので期待をしております。

次の円ドルレートの大きな変動はアメリカの金利上昇タイミングでしょう

為替レートの変動は、様々な要因で生じます。かつて1ドル80円台であった時代を考えると、現在の120円というレートは超安値です。

 

しかし、現在の日本の経済の実力を考えると、1ドル110〜120円が妥当だと考える企業経営者が多いようです。もちろん、円安は輸出企業にとっては利益要素であり、原材料やエネルギー輸入に関連する企業にとってはマイナス要素です。

 

為替レートの変動を読む事は極めて困難な状況です。時にギリシャ危機に端を発したユーロの課題顕在化や、中国の不動産、株式バブルの崩壊兆候や、中東の政情不安等、様々な要因が複雑に絡み、その時々のレートが変動し、何が起こるかも分からない世界情勢の中で、為替レートを読む事など困難なのです。

 

円高に振れたり、円安に振れたりすると、その要因が何かを経済ニュースで解説されたりしますが、そんな評論家でも為替の先行きを読み切る事など不可能に近いのです。

 

ただし、こうした解説で常に出て来るのは、世界情勢で不安定な事が生じると、比較的安全な円が買われて円高に振れると言う事です。

 

今後、ドル円レートに大きく影響し、円安に振れる要因となる可能性が高いのが、アメリカの利上げです。アメリカの金利が上がれば、円が売られドルが買われるため、円安に振れるのです。

 

しかし、この基調に何か別の要因が重なり、そんな単純な動きになるとも思えません。しかし、輸出関連株を少し保持している私にとっては円安は追い風で、ひそかにアメリカの金利上昇で円安になる事を期待しています。

円安で生活に困っている貧乏人について語ります。

ちょっと前までは1ドル100円前後だったのですが去年の8月半ばぐらいからどんどんドル高になっていきました。

 

円高だったときはスーパーで「円高還元セール」を行っていて輸入品が安く売られていました。

 

今は1ドル120円前後というドル高状態が続いています。

 

色々な食品会社が円安を理由にして値上げを行っています。

 

円安になって喜んでいるのは外国に輸出を行っている自動車会社などで貧乏人は円安に苦しんでいます。

 

ドル高の状態は今の政権が崩壊しない限りは続いてしまうのではないかなあと考えています。

 

あの政権はいつまで続いてしまうのかなあというのが悩みでしたが最近はやっと終わりが見えてくるようになってきました。

 

憲法を無視して推し進めようとしている集団的自衛権に反対する人がたくさんいるからです。

 

無理やり円安にしている自称「この国の最高責任者」が退陣表明してくれたらドル高状態が解消されると思います。

 

早くまともな政治家に出てきてもらわなくては困ります。

円安は海外で生活する自分にとって、かなりキツイです

自分は仕事の関係で海外で生活しています。しかし給料は日本円でもらっています。日本円の給料を現地の通過に両替して生活費に当てているわけですが、円安の影響で生活は数年前に比べると大きく変化しました。たとえば去年は一昨年と比べて生活水準は全く変わらないものの、年間の生活費が数十万円高くなっていました。これを機に生活レベルを下げる必要が生じたのです。

 

まずなるべく車を使わないように心がけました。近場での買い物は荷物が多くなっても歩いて行くようにしています。このようにしてガソリン代を節約しています。また自分の好きなアルコール類はなるべく購入しないようにしています。そしてこれまでは仕事で疲れているときは外食することが多かったのですが、そのようなことを控えて自炊するようにしています。

 

幸い住んでいる家を引っ越したり、所有している車を手放さなければならないほど息詰まっているわけではありませんが、生活を変化させることが意外と大変であることに気づかされました。

円高の現状には我慢が出来ない、円安になってほしい

私は洋服が大好きでよく海外の洋服を通販で購入することが多いのですが、海外の物の値段は為替レートによって決まります。それゆえに円安が進んでいる現在のような状況は非常に好ましくありません。

 

昔、1ドルが80円くらいだったころ、それはもうおかしいくらいに海外の製品が安かったらしいです。私が洋服に興味を持ち始めたのは円安が始まりつつあった、つい最近の出来事なので知らないのですが。

 

それも当然です。今は1ドル当たり120円ほどですから、1ドル80円の頃の1.5倍。つまりドルで支払いをする海外の製品は当時の1.5倍になっているということです。例えばこれが10ドル20ドル程度の製品ならば、ちょっと高いかな、くらいで済みます。しかし、600、あるいは700ドルするような製品を買うときを想定するとこんなものではありません。48000円の物が72000円ほどになってしまうのですから。

 

今の私はとにかく円高景気が消え去るのをただ待つのみです。

個人輸入したいのに今日も円安傾向なジレンマ

私、今アロマセラピーに嵌っておりまして、エッセンシャルオイルを収集するのが趣味になっています。良い香りで癒されますよね〜

 

このエッセンシャルオイル、国内で買うと10ミリくらいしか入ってなくても2000円近くするんですね。ちょっと本数集めるの厳しい値段です。かといってオイルもピンキリですから、安過ぎるのも「大丈夫かよ…」という感じになるのです。ラベンダーから変な匂いしたら癒し空間台無しですよね?

 

そこで、価格も手頃で質も確かな海外のオーガニック専門のショップから個人輸入しようと思い、先日実際に買ってみました!

 

値引率も高く、商品の質も満足できるものでした。送料も国内で宅急便送るのと大して変わらなくて驚きです!スゴイ!ここ!また利用しよう!そう思った矢先、暗雲が立ち込めました。そう、「円安」です。

 

なんだよ…1ドル124円ってどういう事だよ…この前買った額より2〜30円以上高くなってるじゃんよ…と現在頭を抱えているところです。

 

中国経済が荒れた時に一瞬円高傾向になったものの、すぐ戻ってしまいました。うーむ…ガソリン安くなるし、円高もたまにはいいんじゃない?と訴えかけているのですが、全然効果ないですね!

 

円安傾向が抜けるまで輸入は我慢しようと思っていますが、次に私がそこのネットショップを利用するのはいつになるやら…

円安になり食料品は値上がりしていますが多少給料は上がりました

円安になったおかげで会社の業績が向上し、給料がベースアップしたので助かりました。最近はほとんど上がっていなかったので、明らかに円安が貢献していると思っています。

 

原油も値上がりしていますが、ガソリンは反対に値が下がっているので毎日車通勤しているので、毎月定期的にセルフで一定金額で給油した時に換算される容量の違いに気が付きます。うっかりしていると買いすぎてしまうので金額を減らすことにしていますが、逆に円高でさらに値引きが進んでいたかもしれないので少し複雑な気もしています。

 

食料品は明らかに値上がりしていて、すきなブランドのインスタントコーヒーの値上がりは驚いています。安い別の商品に変えてみましたが、味が異なるので結局買ってしまうことになります。

 

妻に聞くとインスタント食品も値上がりしているか、数が少なくなっているとこぼしています。値上げはわかりますが、量をへらすのはどうかとおもいます。消費者が気が付いていないのからよいと思っていたら大間違いです。

スポンサードリンク